インプラント治療について

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
入れ歯と違い固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

需要が高まっているインプラント治療

ンプラント治療の模型写真

インプラントは、1950年代に純チタンが骨の組織と結合することが発見され、その後のインプラント治療につながっていく事になります。
骨にチタン製の人工歯根を入れることで、骨に固着して、今までの自分の歯根と同じくらい歯を支えます。 今ではポピュラーになりつつあるモノですが、入れ歯やブリッジなどと比べても、見た目もキレイで、機能的であることから、ますます需要は高まっています。
手術と聞くと、ちょっと怖いような気もしますが、技術が伴う歯科医院では、積極的に勧められているものです。
歯は抜けたままにしていると、見た目にも気になりますし、時には健康を害することもあります。インプラント治療を勧められたのなら、本気で考えてみてください。

インプラント治療を勧められたら??

池田歯科医院のインプラント治療風景

歯は二度と生えてこないものですが、日頃のケアを怠ると、すぐに簡単な虫歯になってしまいます。
歯根がなくなるほどのひどい状態になるまでは相当長い時間がかかりますが、それでも虫歯になってしまうことで、すぐに治療をしない事で、案外早い時期に重症になることがあります。
いよいよになって歯科医に駆け込んだ時には、こんなにひどくなっていたということがあります。
若い頃は良いですが、加齢とともに、歯や歯茎が弱まってきて、虫歯ばかりではなく歯周病等で、口腔内環境はますます悪くなってしまいます。
その中で生まれたインプラント治療ですが、入れ歯などとは違う良い点も多く、最近では、勧める歯科医も増加しています。

インプラント治療のメリット・デメリット

最近よく耳にする「インプラント治療」ですが、従来の治療方法とは何が違うのかわからない方も多いかと思います。
こちらでは、従来の「ブリッジ」や「入れ歯」と比較してインプラント治療のメリット・デメリットを紹介します。

ブリッジ 入れ歯 インプラント治療
概要 失った歯の左右の歯を削り、そこに橋を架けるように義歯(人工の歯)を作ります。基本的には3本が1セットです。 歯を失った部分の型を取り、それに合う人工の歯とピンクの床を作り、それ自体をバネで自分の残歯に引っ掛けます。 専用のドリルで歯槽骨【しそうこつ】(顎の骨の中でも特に、歯を支えている部分)に穴をあけ、そこに人工歯根を埋め込み、その上にセラミックでできた人工の歯を装着させます。
メリット 固定式であるため、装着しても違和感があまりありません。
人工の歯の素材を選択することにより天然の歯に近い、審美的な修復が可能です。
ブリッジでは適応できないような大きな欠損(歯がない部位)に有効です。
ブリッジのように健全な歯を削らずに補えます。(削る替わりにバネで固定する場合もあります。)
顎の骨にしっかり固定するので、違和感がなく噛むことができます。
噛む力を回復することが出来るので、固いものを噛むことが出来るようになります。
隣の歯を削る必要がありませんし、見た目が元の健康な歯に近くなります。
良く噛めることは全身的にも、周囲の健康な歯にもよい影響を与えます。
デメリット ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要があります。
支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因となる場合があります。
ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部と歯肉との間の部分に食べ物がつまり、口の中が不衛生になりやすくなります。
空気がもれて発音が困難になることがあります。
バネによる隣の歯への負担が大きく、噛む力が健康な状態より衰えやすくなります。
すぐにガタつきやすく取り外して手入れをする必要があります。
口の中に違和感を持ちやすくなります。
食物が挟まって口の中が不衛生になりやすくなります。
インプラントを顎の骨に埋め入れる手術が必要です。
全身の疾患がある場合には治療ができない場合があります。
インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。
治療費用 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。
使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。
保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。
使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。
インプラントは保険適用外であるので自由診療となります。
手術の難易度、埋め入れ本数等により必要な費用が算定されます。

インプラント治療を成功させるために、もっとも重要なことはなんでしょう?
手術?ドクターの経験値?設備?
どれもとっても大事なことですが、もっとも大事なものは?と聞かれたとしたら、
それは「事前の診断」です。

事前診断で全てがわかる

池田歯科医院のインプラント治療風景

診査診断データがインプラント治療の成功の重要なポイントとなります。この診断データの中にインプラントが成功するかどうかの情報が集約されています。
この情報がなければ、正確なシミュレーションができませんので、どんなに良い設備でも、どんなに腕のいいドクターでも必ず失敗します。
逆にいえば、この事前診断に充分に時間をかけ、データを徹底的に分析し、治療計画をたて、シミュレーションを行うことでインプラント事故はほとんどの場合回避することができます。

しかし、中には事前診断をおろそかにし、インプラントのトラブルを招いている歯科医院もあるようです。池田歯科医院では、そのような患者様のインプラントトラブルにも対応しており、 安心してインプラント治療・アフターケアをお受けることが可能です。

インプラントのトラブルについて

インプラント治療の可能な方・不可能な方

インプラントの治療前には問診、口腔内検査、X線撮影などを経て、患者さんの口腔内の状態と全身の健康状態を把握し、正確な診査・診断が必要です。その結果、まれにインプラント治療に不適合な場合があります。

インプラント治療に不適応な方(絶対的不適応)

まだ成長過程にある方、免疫不全や1型糖尿病の方は基本的にインプラントができません。
放射線治療などを受けている方も、特に顎骨に放射線を受けている場合には外科処置は禁忌です。麻酔を行うことも危険で、歯科麻酔により骨髄炎を起こす可能性があります。
また、放射線治療後には唾液の分泌量の減少が起きることがあります。唾液の分泌が少なくなると、虫歯や歯周病がおこりやすくなり治療が難しいことがあるため、放射線治療後には口腔内の管理に十分注意が必要です。
ホルモン治療を受けている方も、インプラントの失敗に関連があるという研究結果も出ていますので注意してください。

不適応だが治療の余地がある方(相対的不適応)

口腔内の清掃状態が悪い方、歯周病の方、歯槽骨の骨量が足りない方、喫煙者、糖尿病2型の方などです。
これらに該当される方は、生活習慣の改善をしたり、医科の治療を受け、症状がコントロールされていれば、インプラント治療が可能になります。
骨粗鬆症については、閉経後の女性で50%にこの症状があるといわれています。骨粗鬆症になると、歯槽骨も当然もろくなりますので、禁忌ではありませんが手術が難しくなります。どうしても治療が必要な場合には、あらかじめ他の部分の骨を移植したり、人工の骨組織を入れ、時期を待ってからインプラント治療を行う必要があります。

インプラントDr.のコラム

VIEW ALL
受付の女性の写真 
佐賀でインプラントについて
初めての方でもお気軽にご相談下さい。
tel:0120-6789-11 メールでのご予約・お問い合わせ

診療案内

診療時間
  • ■土曜日は13:00までの診療です。
  • ■休診日は日曜日・祝日になります。
ページトップへ戻る メールでのご予約・お問い合わせ