よくあるご質問

インプラント治療とはどのような治療でしょうか?
インプラントイメージ写真 齲蝕(虫歯)や歯周病(歯槽膿漏)によって、また外傷によって歯を失うことがあります。
またヒトによっては先天的に歯が無い場合があります。そのような歯が無い部位の顎の骨にインプラントを埋め、そのインプラントに義歯を付ける治療方法がインプラント治療です。
インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。
図1A 一本歯が無い場合のインプラント治療 図1B 上の顎に全く歯が無い場合のインプラント治療 図の説明
図1A 一本歯が無い場合のインプラント治療
図1B 上の顎に全く歯が無い場合のインプラント治療
インプラントの材料は何でしょうか?
咬合力に耐えられる強度があり、生体親和性が高く、骨との結合することから、現在インプラント材料としては、主にチタンあるいはチタン合金が使用されています。インプラントと骨との結合を促進する目的で、インプラント表面を様々に改変したインプラントが多く用いられています。
インプラント治療の欠点は何でしょうか?
インプラント治療の欠点として、インプラントを埋入するための手術を受ける必要があるため、全身状態が良くない場合には適用が難しいこと、治療期間が長いこと、治療費が高額であることが挙げられます。
現在のインプラントは骨に結合するのですが、粘膜との結合が強くないため、天然の歯に比較すると感染に弱いことも欠点です。
さらに、インプラント埋入予定部位に骨が十分に存在しない場合、治療が困難であることも欠点です。
またインプラント治療において問題が起きた場合には、その問題の解決が難しいことも欠点です。
インプラント治療の利点は何ですか?
入れ歯のように取り外し式ではなく、歯ぐきを覆う部分がなくなるので違和感がなく、以前のご自分の歯と同じようにしっかりと物を噛むことができます。またブリッジのように欠損している部分の両隣の歯を削る必要がなく健康なご自身の歯を守ることができます。
現在歯周病に罹っていますが、インプラント治療を受けることができますか?
歯周病に罹患している患者さんにおいては、治療後のインプラントの残存率(寿命)が低いことが報告されています。
歯周病に罹患している場合は、歯周病の治療をおこなってから、インプラント治療をおこなうことをお勧めします。
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント埋入手術の際には、歯を抜いたり歯を削ったりする時に使用する局所麻酔を使用します。
また手術時間が長い場合でも、麻酔医がいるところでは静脈内鎮静法を用いることで、楽に手術を受けることができます。
したがって、手術中に痛みを感じることはありません。しかし、麻酔効果は一定時間しか持続しませんので、手術後には鎮痛薬(痛み止め)を服用していただきます。
術後の痛みは、症例によって異なりますし、痛みの感じ方の個人差もありますが、通常の場合、鎮痛薬を数回服用する程度で、痛みは次第に治まる筈です。
術後に長期間痛みが継続する場合は、担当医に問い合わせてください。
インプラント治療後の注意を教えてください。
インプラントは骨としっかりと結合しますが、天然歯と比較すると粘膜との結合が弱いため、感染し易い欠点があります。したがって、歯ブラシやその他の器具を用いた患者さん自身による毎日の口腔清掃が極めて重要です。
さらに、治療後の良好な状態を長期維持するためには、定期的な経過観察(メインテナンス)が欠かせません。
患者さん自身による口腔清掃が十分でない場合あるいはまた定期的なメインテナンスがおこなわれない場合、問題が起きる可能性が高くなります。
インプラント治療後に定期的に来院するよう指示されました。その理由について教えてください。
治療後の良好な状態を長期維持するためには、治療を担当した歯科医による定期的な経過観察(メインテナンス)が極めて重要です。
インプラント治療後に起きる問題を未然に防止するため、あるいは問題が起きても早期に解決するためには、メインテナンスが重要であることをご理解ください。
また、半年に1回は検診を受けられることをおすすめします。検診は咬み合せや清掃状態を確認して、必要があれば調整やクリーニングを行なう簡単なものではありますが、とても大切なことですので、継続して受診してください。
インプラント治療を受けた場合、MRIやCTによる画像診断への影響はありますか?
チタンあるいはチタン合金のインプラントを用いてインプラント治療を受けた場合、そのインプラントがMRIによる画像診断に影響を及ぼすことはありません。
しかし、インプラントの上部に磁石が付いた構造物が装着されている場合には、MRIの画像が乱れることがあるので注意が必要です。
また、チタンのインプラントが埋まっていることによって、CTによる画像診断が影響されることもあります。
インプラント治療は私の年齢でも大丈夫?
年齢の上限はありません。
80歳以上の方でも治療を受けられています。骨の成長がほぼ完了する18歳以上で全身状態に問題がなければ、どなたでもインプラント治療は受けられます。
治療期間はどのくらいですか?
だいたい下顎で6ヶ月、上顎で8ヶ月の程度です。
顎の骨の量が大幅に不足している場合には、GBRやサイナスリフトなどの補助的な手術を行なうため、上記の期間プラス6ヶ月くらいの期間を要する場合があります。
通院回数は通常、埋め込みから被せ物の装着まで6~8回程度、補助的手術を行なう場合で12~13回程度です。
インプラント治療後は、以前の自分の歯と同じように噛むことができますか?
インプラントは顎の骨としっかりとくっつき丈夫な土台となりますので、噛む機能は著しく改善されます。
慣れるまでは多少の違和感を感じる場合もあり、慣れるまでの期間はあるでしょうが自分の歯と同等の機能を回復することできます。
フランスパン、りんご、たくあん、せんべいなど自分の歯で食べることができたものを以前と同じように食べることができます。
インプラント手術後は痛んだり腫れたりしませんか?
処置後2~3日はお痛みが出る場合がありますが、痛み止めを出しております。
また、その痛みは通常の抜歯程度とお考えください。腫れが出る場合もありますが、3日目あたりをピークに1週間程度で徐々に治まります。
また、まれに内出血(打撲時の黒アザのようなもの)が、お顔の表面にでる場合がありますが、2週間程度で完全に消失します。
インプラントはアレルギーなど身体への影響はないですか?
現在のインプラントは純チタンでできており生体との親和性が非常に高く医科領域においても骨折時の固定用プレートやペースメーカーの一部として体内に埋め込まれていますが、副作用は報告されていません。
糖尿病の持病がありますが、インプラントは可能ですか?
医師の指示などにより血糖値がコントロールされている方であれば問題はありません。しかしながら一人一人ケースが異なりますので、事前に必ずご相談ください。
インプラントの手術時間はどのくらいですか?
インプラント埋め込みに要する時間は1本あたり10分程度ですが、麻酔、切開、縫合などの時間を合わせますと、本数や骨の状態にもよりますが、通常1時間程度かかります。
高血圧で薬をのんでいますが、インプラントの手術はできますか?
血圧は薬でコントロールされていれば、問題ありません。また、お痛みや恐怖心を和らげながら治療するので血圧の上昇を極力抑えることが可能です。
手術中は血圧、心電図、血中酸素飽和濃度をモニターしながら全身管理を致します。しかしながら、服用されている薬や症状など一人一人ケースが異なる内容となりますので、事前に必ずご相談ください。
インプラントのお手入れはどうすればよいですか?
自然の歯と同じように長持ちさせるためには、日々のお手入れは、とても重要です。通常のブラッシングに加えて歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助的な清掃用具を使用して清潔に保つことが必要です。それぞれの使用方法については、歯科医師または歯科衛生士より指導を受けてください。
前歯をぶつけて抜けてしまったので、インプラントを入れたいのですが、最終的な被せ物が入るまでは歯がないままの状態ですか?
前歯1本抜けてしまった場合には、両サイドの歯に接着材を使用して人工歯をくっつけます。前歯2本以上抜けてしまった場合には、仮の入れ歯を装着しますので、手術当日から歯が抜けている状態は1日もありません。
喫煙はインプラントに影響がありますか?
喫煙は手術後の治癒過程において、悪影響を及ぼしますので止められた方がよいです。歯周病に大きく影響するのと同様に喫煙者のインプラント長期生存率は20%以上下がると言われていますし、全身的にも様々な影響があるわけですから、治療を契機にお止めになることをお勧めいたします。
骨が少ないとインプラント治療ができないと言われましたが、どうなんでしょうか?
手術の難易度は上がりますが、インプラント治療は可能です。
CT撮影をしたあとに画像診断用のシュミレーションソフトを使用して骨の高さ、幅、硬さを測定します。
それを基にインプラント埋め込みがそのままの状態でできるのか、埋め込みと同時にインプラントを支える骨の量を増やすのか、あるいは骨の量を増やした後にインプラントを埋め込むのかを診断します。
骨の量を増やす場合には、インプラントを埋め込む周囲や下顎の奥の方などからご自身の骨を採取します。また補助的に整形外科領域でも使用されている β―TCPなどの人工材料を使用します。
インプラントに興味がありますが 相談だけでもよいですか?
もちろん大丈夫です。
歯を失われた場合にはインプラント以外にも様々な治療法があります。
それらを十分に説明させていただいた上で治療を行います。
もちろん最初インプラントをご希望された患者様でもほかの治療法を選択することもありますし、相談のみで治療はもう少し考えてからということもあります。
大切な患者様の健康のためですから十分にお話をし、患者様がご安心されてから私たちも治療をいたします。
まずは お電話にてご予約後 ご来院ください。
すぐにインプラント治療ができますか?
インプラント治療のみならず、すべての治療は1本の歯ではなくお口全体の環境やかみ合わせにかかわります。
歯周病の歯があればインプラントをしてもインプラントも歯周病にかかりやすくなりますし、全体のかみあわせのバランスが悪いとインプラントのかみ合わせも悪くなります。
池田歯科医院ではインプラント治療の前に、歯周病やかみ合わせなどの治療をしっかり行い、インプラント治療をいたします。
長く健康にインプラントを使用していただきたいからです。
インプラントは医療費控除の対象ですか?
インプラントは医療費控除の対象なので、確定申告で治療にかかった費用の一部が還付金として戻ってきます。
所得により還付金も異なりますが、インプラント費用が大幅に安くなる場合もあります。
インプラント費用は、ローンやカードなど分割払いを利用する患者さんが多いですが、分割払いでも医療費控除は受けられるのでご安心ください。

インプラントDr.のコラム

VIEW ALL
受付の女性の写真 
佐賀でインプラントについて
初めての方でもお気軽にご相談下さい。
tel:0120-6789-11 メールでのご予約・お問い合わせ

診療案内

診療時間
  • ■土曜日は13:00までの診療です。
  • ■休診日は日曜日・祝日になります。
ページトップへ戻る メールでのご予約・お問い合わせ